大切な家族のために、生前贈与を検討してみませんか?

節税効果を大きくするコツ

①早めの対応が必要

相続が発生してからでは、できる節税対策が限られてしまいます。
生前贈与を活用して、節税効果を大きくしましょう。

②期間を長く、なるべく多くの人に

暦年課税を適用することで、1年ごとに110万円の基礎控除が認められるため、例えば100万円の贈与が10回行われて、結果として合計1,000万円となった場合でも、課税はされません。
また、一人に550万円を贈与するよりも、5人に110万円贈与すれば、こちらも課税はゼロになります。
法定相続を行う場合、配偶者と子どもまでしか財産の相続はできませんが、贈与であれば、配偶者と子ども、孫にも財産を渡すことができ、節税できる幅が広がります。

③基礎控除110万円をうまく利用する

暦年課税を適用することによって、1年ごとに110万円の基礎控除が認められているので、同じ金額を贈与するのであれば、この制度を活用して、贈与を行ったほうが税負担が軽減されます。
ただし、途中で贈与者が死亡してしまった場合、まだ贈与されていない財産は課税の対象になることはもちろん、被相続人の死亡日から3年以内に受けた贈与も課税の対象となり、加算されますので、注意が必要です。

④価値の上がる不動産は早めに贈与しておく

将来価格が上がる見込みがある財産は、価格が上がる前に贈与をしておくことで節税ができます。

このように、うまく生前贈与を活用することで、相続税を大幅に節税することができます。
ご不明な点は当事務所までご相談ください。