大切なご家族のために、生前贈与を検討してみませんか?

贈与税以外にも税金がかかる

登録免許税

不動産を贈与する場合、所有権移転登記を行い名義人の変更手続きを行わなければ、贈与したことにはなりません。
登記には、その時の不動産の価格の1,000分の20の登録免許税がかかります。

これは、贈与税とは別途かかる税金ですので、注意しましょう。

不動産取得税

土地や家屋を、有償・無償きかかわらず取得した場合、不動産取得税がかかります。
これは、売買や贈与、新しく家屋を建築した場合に、登記をしていなくてもかかる税金で、相続によって、不動産を取得した場合には課税の対象となりません。
納める金額は、取得した不動産の価格×2分の1課税標準額とし、これに非住宅の家屋は100分の4、土地・住宅用家屋は100分の3を掛けた金額が、税額となります。

ただし、課税標準額となる金額が次の金額より少ない場合、課税の対象外となります。
土地………………………………10万円
家屋(新築や増改築)……23万円
家屋(売買などで取得)…12万円

登記の費用がかかる

所有権の移転登記を行う場合、弁護士または司法書士へ登記の依頼をします。
登記にかかる実費(登録免許税など)と弁護士・司法書士へ支払う費用も必要となります。