大切なご家族のために、生前贈与を検討してみませんか?

配偶者への生前贈与

Q,妻に財産を残してあげたいが、相続税の支払いが心配…

配偶者控除を活用しましょう

配偶者の生活を安定させるという目的から、夫婦間で住宅などの贈与をした際に、贈与税の配偶者控除という規定があります。
贈与税の配偶者控除とは、贈与金額から2,000万円を特別控除額として控除するというものです。
基礎控除の110万円と合わせて、合計2,110万円までの贈与に対して贈与税がかからないことになります。

配偶者控除の要件

配偶者控除をの対象者として、以下の条件が挙げられます。

  • ◆婚姻期間が戸籍上の年数で20年以上経過していること
  • ◆贈与される財産は、配偶者が住むための不動産、または住宅を取得するための資金の贈与であること
  • ◆過去に々夫婦間において、配偶者控除を受けていないこと
  • ◆贈与を受けた翌年3月15日までに、贈与によって取得した不動産で生活を開始し、その後も引き続いて居住することが見込まれること
  • ◆贈与税の申告をすること

配偶者への生前贈与のポイント

配偶者が住むための不動産は、日本国内の家屋または家屋の敷地内にあることが条件となります。
また、居住用の家屋の敷地には借地権も含まれます。
居住用の家屋とその敷地は、まとめて贈与を受ける必要はなく、居住用の家屋だけや敷地だけの贈与を受けることができます。なお、敷地(土地)だけの贈与は、その家屋の所有者が以下のいずれかに当てはまることが条件になります。

  • ・夫または妻が居住用の家屋を所有している
  • ・夫または妻と同居する親族が居住用の家屋を所有している

居住用の家屋の敷地が借地権の場合、金銭の贈与を受けて地主から敷地を買い取ることも可能です。